セルフ脱毛

40代から自宅でセルフVIO脱毛する方法【おすすめの家庭用脱毛器】

40代からセルフVIO脱毛を始める方法
カポック
カポック
VIO脱毛をしたいけれど、脱毛サロンや医療クリニックになかなか行けないし、デリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしい。自宅で脱毛できる方法を教えてください!

こんな疑問にお答えしてしていきます。

脱毛サロンや医療クリニックでVIO脱毛すると、予約したりしばらく通うことになるので、時間や手間がかかりますよね。

「いくら相手はプロだとは言っても、知らない人にデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしい!」

と思っている方は、自宅でセルフ脱毛するのがおすすめです。

 

セルフVIO脱毛を始める前に

家庭用脱毛器でVIO脱毛できるの?

家庭用脱毛器はどのくらい効果があるの?

VIO脱毛を自分でするのって難しくない?

このような疑問を持つ方も多いと思います。

色々な家庭用脱毛器があるけれど、どれが効果的で使いやすいのかをわかりませんよね。

効果が期待できる家庭用脱毛器はだいたい3万円からなので、しっかり検討しないとお金の無駄になってしまいます

この記事を読めば

  • 40代からセルフVIO脱毛をするメリット
  • 40代からセルフVIO脱毛した方がいいワケ
  • 家庭用脱毛器を選ぶ際の外せないポイント

が分かります。

私は40代に入ってからVIO脱毛をして、デリケートゾーンはハイジーナ(無毛)です。

私の場合は、医療クリニックに4回通ってVIO脱毛をしました。

それでもムダ毛は10~15%は残っていたので、家庭用脱毛器でセルフVIO脱毛しました。

今振り返れば、医療クリニックに通わなくても、多少時間はかかるけれど家庭用脱毛器でもハイジーナにできたのではないかと思っています。

この記事はこんな人に向けて書いています。

40代から自宅で時間のある時に、セルフVIO脱毛をしたい人

脱毛サロンや医療クリニックに通ったけれど、残りのムダ毛を自分で処理したい人

多少時間はかかっても、できるだけ脱毛にお金を掛けたくない人

自宅でセルフVIO脱毛をしたい方に、デリケートゾーンに適した家庭用脱毛器について丁寧にまとめました。

40代からセルフVIO脱毛を始めよう

40代からVIO脱毛をしようと考えている方は、「介護脱毛」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

まずは「介護脱毛」を知らない、初めて聞いたという方のために簡単に説明しますね。

介護脱毛とは

アンダーヘアをお手入れしているのは、20代、30代の若い世代だけだと考えている人が多いのではないでしょうか?

あえて「私、VIO脱毛やっています」と話す人はあまりいないですけれど、「介護脱毛」を始めている人は着実に増えているんです。

将来、介護されることを想定して、介護者の負担を少しでも軽くしたいという思いで、アンダーヘアの脱毛(VIO脱毛)を望んでいる人は多いです。

介護脱毛については、40代からの介護脱毛はVIOだけじゃない、トリアで口ヒゲをセルフ脱毛!にも詳しく解説しています。

40代からの介護脱毛はVIOだけじゃない。トリアで口ヒゲをセルフ脱毛!
40代からの介護脱毛はVIOだけじゃない、トリアで口ヒゲをセルフ脱毛!40代に入ってから、口ヒゲが濃くなってきた人はいませんか?介護脱毛としてVIOだけではなく口ヒゲ脱毛も今のうちやっておいたほうがいいですよ。口ヒゲは太い毛とうぶ毛が混じって生えてくるので、脱毛方法も考えなくてはいけません。この記事では、口ヒゲ脱毛をくわしく解説しています。...

介護脱毛のメリット

あまり考えたくないですが「いざ介護」される側になると、アンダーヘアによるトラブルは少なくありません。

トラブルの原因となるのは

  • アンダーヘアにオムツが絡まり、キレイに拭き取ることが難しい
  • 何度もゴシゴシ拭くうちに肌が傷つき、ただれ、かゆみ、痛みの原因になる
  • 残った汚れが原因となり、感染症を引き起こす恐れがある
  • 不衛生な状態が続くと、雑菌が繁殖しニオイの原因になる

VIO脱毛することは、自分のためでもあり、人のためでもあります。

白髪になると簡単に脱毛できなくなる

白髪になると簡単に脱毛できなくなる

では、なぜ40代からVIO脱毛をしたほうがいいのでしょうか?

多くの女性は40代に入ってから、身体的な変化やからだの不調をイヤでも感じ始める年代です。

太りやすくなる、疲れがとれにくい、不眠になる、肌がたるむ、白髪が増える‥など、悩みは増える一方ですね。

白髪になるのは髪の毛だけではなく、普段はあまり気づかないアンダーヘアも例外ではありません。

脱毛する方法は、脱毛サロン、医療クリニック、家庭用脱毛器とありますが、基本的に白髪は脱毛できません。

白髪を脱毛する方法は、唯一「針脱毛(ニードル脱毛)」がありますが、脱毛できる医療クリニックも限られていますし、料金も高くなってしまいます

この記事を読んでいる方は、自宅でVIO脱毛したいと考えているのですから、白髪が増えないうちに脱毛を始めましょう!

家庭用脱毛器の選び方のポイント

家庭用脱毛器の選び方のポイント

40代からセルフVIO脱毛をするならば、確実に脱毛効果がある家庭用脱毛器を選びたいですよね。

また、脱毛には時間がかかるので、コストパフォーマンスもしっかり見極める必要があります。

VIO脱毛を中心とした家庭用脱毛器を選ぶ上で、重視すべきポイントは以下の3つです。

  1. 永久脱毛できる
  2. デリケートゾーンの脱毛がしやすい
  3. ランニングコストがかからない

この3点は絶対に譲れません。

なぜなら、この3点が満たされていないと、効果が期待できないですし、続けられないからです。

それぞれのポイントを解説していきます。

永久脱毛できる

家庭用脱毛器には、2つの種類があります。

  • フラッシュ式脱毛器
  • レーザー式脱毛器
フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式は、脱毛サロンで行われている光脱毛のことで、メラニン色素に光を当てることで毛根にダメージを与えるタイプです。

ただし、フラッシュ式はムダ毛を減らし、毛が生えるのを抑制する効果しか期待できません。

つまり、あくまでも「減毛」や「抑毛」であって、「永久脱毛」はできません

メリットは、痛みが少ないことです。

 

レーザー式脱毛器

レーザー式は、医療クリニックで行われている脱毛方法と同じで、レーザーが黒いメラニン色素に反応して、毛根を熱で破壊するタイプです。

つまり、毛根が破壊されるため「永久脱毛」が実現できるのです。

特に、黒くて太い毛の多いアンダーヘアには効果が絶大です。

デメリットは、痛みが感じやすいことです。

デリケートゾーンの脱毛がしやすい

フラッシュ式脱毛器

VIOを脱毛するには、肌に照射面を当てやすいことが重要です。

フラッシュ式の脱毛器で最も人気があるのはケノンです。


ケノンはカートリッジによって、照射面積が異なります。

カートリッジの種類面 積価 格
エクストララージ

3.7×2.5cm6,200円(税込)
ラージ

3.5×2.0cm4,450円(税込)
スキンケア(美顔)

3.0×1.5cm6,250円(税込)
ストロング

3.0×1.5cm6,250円(税込)

どのカートリッジも横幅が3㎝以上あり、照射面積が広いです。

ケノン以外のフラッシュ式家庭用脱毛器も、照射面積が大きいです。

広範囲を脱毛するには適していますが、デリケートゾーンのように細かい部分はかなり照射しずらいです。

 

レーザー式脱毛器

家庭用脱毛器で販売されているレーザー式は、トリアのみです。

トリアの照射面積は、直径1cmと狭いです。

レーザー式は単体の光を集中的に肌へ向けて照射するので、どうしても照射面積は小さくなります。

トリア・プレシジョンの照射面積

それゆえに、デリケートゾーンは、照射面を肌に当ててピンポイントで狙い撃ちができるんす。

ランニングコストがかからない

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ方式の家庭用脱毛器には、カートリッジと呼ばれるパーツが必要になるものと、半永久的に使えるタイプの物があります。

ただ、カートリッジの交換が不要の半永久的に使えるタイプは、脱毛効果があまり期待できません。

効果が比較的高いとされているケノンは定期的なカートリッジ交換が必要で、本体価格が69,800円で、カートリッジは1本につき4,250円~6,250円かかります。

ケノンを使う限りはずっとカートリッジ交換が必要になり、ランニングコストがかかってしまいます。

 

レーザー式脱毛器

レーザー式のトリアは、カートリッジ交換が要らないので、本体価格(32,280円~40,530円)のみでランニングコストが一切かかりません

トリアはリチウムイオン電池の充電式で、充電可能回数は約500回です。

私はトリアを3年以上使用していますが、今も問題なく働いてくれています。

セルフVIO脱毛は、トリア・プレシジョンの一択!

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン
引用:トリア(tria)公式サイト

トリアには、4Xとプレシジョンの2種類があります。

それぞれの特徴は大きく分けると以下の通りです。

4X     ➡ 広範囲を脱毛したい

プレシジョン➡ 細かい部分を脱毛したい

4Xとプレシジョンの違いについては、 ‎【家庭用脱毛器トリア】4Xとプレシジョンを口コミから徹底比較にて詳しく解説しています。

プレシジョンのメリットは、コンパクトで持ちやすいので小回りが利くことです

デリケートゾーンの脱毛となると、無理な態勢をしばらく保つことになりますが、軽量のプレシジョンは手が疲れずに負担になりません。

また、1回の充電でできる連続使用時間は15分です。

デリケートゾーンを脱毛することは痛みが伴うこともありますが、範囲が小さいため使用時間が15分でも十分です。

家庭用脱毛器でデリケートゾーンを脱毛する時の注意点

デリケートゾーンは思いのほか色素沈着をしているので、黒い色素に反応するレーザーは、他の部位よりも痛みを感じやすいです。

初めて使う人は、「こんなにも痛みが強いなんて!」とめげそうになるかもしれません。

デリケートゾーンを脱毛する際、少しでも痛みを和らげるために、以下のポイントをおさえてましょう。

照射する前に、電気シェーバーで剃毛を丁寧にする

照射部位は、保冷剤などでしっかり冷やしながら行う

最初は、弱いレーザー出力から照射を始める

日頃から、照射部位はしっかりと保湿をしておく

痛みを和らげる具体的な方法については、家庭用脱毛器トリアの効果とデメリット【痛みを抑えるコツも解説】に解説されています。

家庭用脱毛器は、返金保証付きの商品を選びましょう

家庭用脱毛器は返金保証付きの商品を選びましょう

家庭用脱毛器の効果、使い方、メリット、デメリット等、しっかり調べたはずなのに、やっぱり自分には合わなかったということもありますよね。

決して安い買い物ではない家庭脱毛器なので、返金保証が付いているものを選ぶべきです。

家庭用脱毛器は、1年間の製品保証がついているものはあるのですが、返金保証がついているのはトリアだけなんです。

トリアは、30日間の返金保証がついています。

同じ部位には2週間に1度の照射が推奨されいるので、30日間で部位を少しずつ変えながら照射してみましょう。

試してみて、効果があらわれない、痛すぎで続けられない場合は、さっさと返金してもらいましょう。

また、トリアはアメリカの会社の製品なので、不安に感じる方もいるかしれません。

でも、トリアはお客様サポートがしっかりしており、メールやコールセンターで気軽に問い合わせが出来ます

購入を迷っている方は、とりあえず試してみましょう。

デリケートゾーンのハイジーナ(無毛)は、やった人しかスッキリとした快適さは感じることができません。

私は40代ではなく、もっと早くハイジーナにしておけばよかったと心から思いました。

\30日間の返金保証があるから安心/
トリア公式ページへ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。